田川市の学習塾。超効率的勉強法を追求する岳伸塾

英語の品詞を極める④ 【代名詞編】

[2018年6月13日 15時14分]

こんにちは!

今回は、代名詞について詳しく説明していきます!

 

「代名詞」とは、名詞の代わりに、主語(S)や目的語(O)、補語(C)に使われる。

例)I  like  him.(私は彼が好きです。)⇒Iとhimが代名詞。Iが主語(S)、himが目的語(O)の働きをしている

Which  is  yours?(どちらがあなたのものですか?)⇒yoursが代名詞で、補語(C)の働きをしている

 

代名詞には、人称代名詞・所有代名詞、指示代名詞、再帰代名詞、不定代名詞がある。

 

◎人称代名詞・所有代名詞

人称代名詞⇒人や物を表す名詞の代わりになるもの

所有代名詞⇒「~のもの」 (所有格+名詞)と同じ働きをする。

主格(~は・~が) 所有格(~の) 目的格(~を) 所有代名詞

(~のもの)

単数 I
あなた you your you yours
he his him his
彼女 she her her hers
それ it its it
複数 私たち we our us ours
あなたたち you your you yours
彼ら・彼女ら・それら they their them theirs

 

◎再帰代名詞⇒所有格、目的格の後に(-self)や(-selves)をつけ、「~自身」という意味になる代名詞

◎指示代名詞⇒「あれ」や「これ」など、人や事、物を指す代名詞

◎不定代名詞⇒「one」「some」「any」「each」「all」「both」など。 「人」や「モノ」、「数量」などを漠然と表す代名詞

 

今回は以上です。

次回は、形容詞について説明していきます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


おすすめの記事

    投稿はありません。

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
月間アーカイブ
年間アーカイブ