田川市の学習塾。超効率的勉強法を追求する岳伸塾

英語の品詞を極める② 【名詞編】

[2018年6月11日 21時03分]

こんにちは!

今回は、名詞について詳しく説明していきたいと思います。

 

名詞」とはものことを表す言葉で、主語や目的語、補語に使われる。

【名詞の例】

apple(リンゴ)

water(水)

Fukuoka(福岡)

Emiri(えみり)      など...

名詞は、一般名詞と固有名詞に分けられる。

一般名詞とは、apple(リンゴ)やdog(犬)のように一般的に使われる言葉。

※一般名詞には、可算名詞と不可算名詞がある。

可算名詞]とは、1個、2個と数えられる名詞のこと。【例】apple(りんご)は1個2個と数えられるので可算名詞(複数のものを表す時の名詞には、-sまたは、-esを付ける)

不可算名詞]とは、数えられない名詞のこと。【例】water(水)やlove(愛)などは1個、2個とハッキリとした形がないので不可算名詞※他にも、homework(宿題)やsugar(砂糖)なども!

 

固有名詞とは、Emiri(えみり)やFukuoka(福岡)というような、人の名前や地名を表す言葉。  ※固有名詞は、単語の最初の文字は大文字で書くのがルール。

 

名詞の使い方

「主語(S)」

誰が、何がの部分で名詞を使う。基本的に、文頭に来る。

「目的語(O)」

動作の対象を表し、『(S)が~をする』という文の「~を」の部分で使う。

「前置詞」

前置詞(in)や(at)などの後ろに、場所や時間を表す名詞を置いて使う。例)We  play  soccer  in  the park.(私たちは公園でサッカーをします。)I  was  studying  English at  that time.(私はその時、英語を勉強していました。)

以上が、名詞について押さえておいてほしいことです!

では、次回は「冠詞」について説明していきたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


おすすめの記事

    投稿はありません。

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
月間アーカイブ
年間アーカイブ