田川市の学習塾。超効率的勉強法を追求する岳伸塾

小学4年生と6年生が英検3級の1次試験に合格!

[2018年10月23日 12時58分]

大手の他の塾(塾といっていいのか分からないけど・・・)?から入塾してきた兄妹二人。かなり小さい頃から英語を学んでいたのですが、なかなか出来るようにならないということで、田川中の塾を探していたようなんです。岳伸塾に入ってからも、うちの塾では英語をせずに数学をし、あっという間に中学3年分の計算をマスターしました。名前は知らないのですが有名な英語専門の塾で英語を学んでいたのですが、そこでも合わずに悩んでいました。しかし、半年ほど前から岳伸塾で英語をお願いされ、中学1年の文法から全てやり直し、3~4ヶ月ほどで3年分の英語の文法をそれなりにマスター出来たので、英検3級の過去問に挑戦してみました。ところがまったく歯が立ちませんでした。
英検の過去問で傾向分析してみると、英検は文法問題は筆記試験の中でも3問くらいしか出ません。ライティングでも多少は役に立ちますがたいていの場合テンプレートを通りに覚えてしまうため、それほど役に立たないのです。英検の本番1ヶ月前くらいまで絶望的にボロボロの状態で、親御さんに相談しようかと思っていましたが、過去問の傾向対策を行い、単語力を強化したところ、2週間くらいで軽々合格ラインを超えるようになりました。

私自信も正直言って彼らの成長に驚きなのですが、どうも英検は単語力や文章読解力に偏っているようで、それに合わせた対策を行えば、かなり効果が出ることが分かりました。

中学生の生徒も英検を受けているのですが、合格者、不合格者まちまちです。というのも、当塾では徹底的に文法力を叩き込んでいますので、英検では力が発揮できないのです。これもまた、国が文法中心の学習から実用的な英語への移行を行っている証拠なのでしょう。なので、英検に特化した授業となると単語を覚えたり、文章読解力に偏った授業になるため、別で授業を行わなければなりません。しかし、定期考査が約3ヶ月ごとにやってくるため対策を行う時間が取れないのが現状です。

やはり、小学生から英語を学ぶことはかなり有利になると感じました。岳伸塾では7割以上の生徒が、小学生の算数を短期間で終わらせ、英語を学ぶことにしています。定期考査も無く、学校への対策をほぼ行わなくていいので、英語をやりたい放題です。今回合格した2人は文法力も中学の受験生に劣ることもありませんし、英検で単語力や文章読解力、それからリスニングの対策まで行っています。小学生で中学卒業レベルの英語力を今回の検定で証明されたことになります。

中学になってからも、このスキルはかなり優位になると思われます。

最後にまだ1次試験だけですが英検3級に合格した、小学生二人よくこの短期間で合格してくれました!ちょっと気が早いかもしれませんが「本当におめでとう!」それから「あなたたちの努力に本当に感謝します」。それから、中学生の皆さん。「英検対策」全くせずにごめんなさい!今後、英検に特化した特別コースなど、いろいろと考えてみます。何しろ英検に特化した対策の時間が作れないんです・・・(泣)。不合格の生徒、次は対策も考えて、リベンジですよ!!その時までにはしっかりとこちらも準備を行いますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


おすすめの記事

    投稿はありません。

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
月間アーカイブ
年間アーカイブ