田川市の学習塾。超効率的勉強法を追求する岳伸塾

近畿大学付属福岡特進に受講期間9ヶ月で合格(専願)

入塾したばかりの時は正直、私も不安でした。
既に受験生で4月に入塾したのですが、学校の先生から行ける高校がないといわれていて、フクトも記載している高校全てがE判定。
しかも、週に1度ピアノを習い、月に何度かボイトレをし、毎日バスケ部に通っている女の子。それに加え、岳伸塾で週5回3時間の受講です。習い事がある日は、習い事が終わって20時や21時からでもきちんと塾に通うのです。
最初はあまりの大きな変化だったのか、微熱が続き、本当にきつい時は休む事もありました。

「流石に中学生の女の子が耐えられるキャパを超えているだろう」と私も思っていましたが、それでも、真面目に通ってくるのです。
最初は暗記術を使っても何も覚えられませんでした。本当に恐怖を感じるくらいに。学校で勉強しているところも覚えていないものですから、半ば、心が折れそうでした。

しかし、徐々に驚異的な短期記憶力を発揮するようになりました。本人も私も驚きです。何でこんな事が起こるのだろう!?
正直、いろんな書籍を読んだのですが書かれていませんでした。普段、暗記をしていないと記憶する機能が衰えていくのでしょうか?
よく分からないんですよ。一度、聞いた英文をそのまま暗記できるようになり、すぐに英作文に持っていけるのです。
しかし、中長期記憶は特別に良いというわけではありませんでした。

数ヶ月間、オールE判定が続き、心身ともに疲れ果てていましたが、そのまま夏休みに突入。
夏期講習で毎日4時間。夜、3時間。頑張り続けます。

そして、ようやく夏休み明けの学校のフクトで驚異的な伸びを見せるのです。

周りも当然、受験生。ほとんどの生徒が塾に通っている状態です。
それにも関わらず、入塾して5ヵ月あまりでごぼう抜きです。

この頃には、ほとんど私の指導が必要がなく、自立して勉強をするようになりました。あまりに質問をしないから、不安になり時折、
「分からないところない?」と声をかけながら、他の生徒を教えていたほどです。

「近畿大学の特進を専願で受験したい」と本人の口から言い出したのがきっかけで戦略を変更。
英語と数学の2教科に絞って徹底的に鍛え上げました。その結果、最後のフクトで5教科受験のところ、ほとんど数学・英語・国語の点数だけで田川高校D判定までいきました。
この時点で昨年、田川高校に合格していた生徒の点数を超えています。

1月23日近畿の専願入試を迎え、2日後、見事合格を掴む事が出来ました。

本当に良くがんばったね!!よく耐え切った!!先生は本当にすごいと思います。
たった9ヶ月だったけど、本当に濃い9ヶ月でした。
いい思い出をありがとう。・・・・実績もね。

高校に行ってからも頑張ってください。

今年は、受験生が1人しかいませんので、一応、全員合格。公立試験を受けることなく終わってしまいました(泣)経営者としては嬉しいやら悲しいやら・・・。
でも、生徒が無事、合格できたのでやっぱり嬉しいですね。

・・・・追伸

合格後、卒業パーティをしに、夏吉にあるカフェのアンジェリカさんへいきました。
なんと、サプライズでこんなものを作ってくださりました。本当にありがとうございます。
生徒もすごく喜んでいました!!

さらに・・・後日、保護者の方からこんなに素敵なお菓子を頂きました。

改めて、本当にありがとうございます!!感謝を忘れないように、神棚に飾ります!