田川の塾|暗記術と記憶術の定義|超効率的勉強法を追求する「1対2個別指導の岳伸塾」

お客様はGAKUSHIN MEMBERSではないか、サイトにログインしていないようです。ログイン|新規会員登録

暗記術と記憶術の定義

勉強法に入る前に岳伸塾での、「暗記術」と「記憶術」の定義を明確にしておこうと思います。

人によって「暗記法」、「暗記術」、「記憶法」、「記憶術」など呼び方がそれぞれ違います。また、暗記術(法)と記憶術(法)の明確な基準がありませんので、著者の好きなように命名しているようです。

僕は何かを覚える方法は大きく2種類に分けられると考えています。その基準は「関連付け」があるかないかで区別します。この関連付けのことをリンクと呼んだり、「繋げる」とも表現したりします。

暗記術(法)は漢字からも分かるように暗記は「暗(やみくも)に記憶する」(当て字ですが・・・)と書きます。つまり、覚えたい情報を他の記憶と結びつけたり、整理したりせずに、その情報を単独で覚えるのです。

一方、記憶術はその反対です。他の記憶と結びつけたり、記憶を整理したり、音や連続性などとも関連付けして覚えていきます。

記憶の仕方が全く違うので、記憶の取り出し方が変わってきます。どちらで覚えるかによってメリットとデメリットも存在するため、名前で区別しないわけにはいきません。ですので、しっかりと違いを理解してください。「暗記術」で覚えるのか「記憶術」で覚える方が良いのか、それは臨機応変に判断できるようにならなければなりません。

例えば「九九」を例に挙げましょう。

続きの記事または動画のフルバージョン視聴を希望する場合は有料となります。※岳伸塾の生徒は無料で視聴できますので追加の支払いは行わないでください。

東大理科1類を目指して奮闘中。動画学習の制作は時間がかかるため、電子書籍での出版を優先します。

月500円で有料会員登録(準備中)