田川の塾|記憶術の致命的デメリット③~記憶する量が増える~【年号を語呂合わせで覚えてはいけない】|超効率的勉強法を追求する「1対2個別指導の岳伸塾」

お客様はGAKUSHIN MEMBERSではないか、サイトにログインしていないようです。ログイン|新規会員登録

記憶術の致命的デメリット③~記憶する量が増える~【年号を語呂合わせで覚えてはいけない】

前回の九九を覚えてはいけない理由で、補足の部分で「量が増える」という話をほんの少しだけしました。
量の増え方はリンクを作らない暗記術と比べると2倍や3倍というのはざらで10倍以上になる場合も当たり前のようにあります。

今回はそんな記憶術の致命的な欠点である「量」についてお話していきます。

この記憶術における量の問題は「語呂合わせ」では深刻な問題を引き起こします。

歴史の年号を覚えるために、「ゴロ合わせ」を利用するのは音(リズム)やストーリー、イメージも関連付けることが出来るため、非常に強力な記憶術となります。しかし、平安京の遷都を覚えるのに「なくようぐいすへいあんきょう」と794の3つの数字を覚えるためだけに14文字の情報を無駄に覚えなければなりませんj。

意味の無いウグイスまで登場していますが、テストで出題されるようなもっと重要な人物や平安京のイメージが連想される形で入っているといいのですが、この語呂合わせは記憶術初心者が大量に作ったのではないかというくらい杜撰な作りになっています。入試で点数を取るために作られたというよりもダジャレで覚えているだけですね。

続きの記事または動画のフルバージョン視聴を希望する場合は有料となります。※岳伸塾の生徒は無料で視聴できますので追加の支払いは行わないでください。

東大理科1類を目指して奮闘中。動画学習の制作は時間がかかるため、電子書籍での出版を優先します。

月500円で有料会員登録(準備中)