田川の塾|【補足】夏休みの間に1000語の英単語を覚える方法|超効率的勉強法を追求する「1対2個別指導の岳伸塾」

お客様はGAKUSHIN MEMBERSではないか、サイトにログインしていないようです。ログイン|新規会員登録

【補足】夏休みの間に1000語の英単語を覚える方法

(ここ最近の勉強法動画長くなって申し訳ないのですが、この考え方もとても重要なので、今日の「授業動画」をお休みしてでも必ず見るようにしてください。)

以前、暗記術の極意①で宇都出雅巳先生の「高速大量回転法」紹介しました。

また、スタディサプリの中3英語(応用)関先生の講義で「【特別講座】1ヶ月『1000単語』習得法」というものが紹介されています。また、「京大主席合格者が教える『やる気』と『集中力』が出る勉強法」著:粂原 圭太郎にも、同様の勉強法が紹介されています。

共通するのは、「大量回転」というキーワードです。

この勉強法がいかに大切であるかというのを理解してもらうために以下の疑問を考えながら説明していきたいと思います。(これはスタディサプリの関先生同様の質問です。)

「2ヶ月(夏休みを想定)で1000個の単語を覚えなければいけないとして、どのように暗記していくか?」

あなたならどのようにして、覚えるでしょうか?おそらく大きく分けて次の2種類に分けられるのではないでしょうか?

  1. 毎日20語ずつ何周も何周もアウトプットして、この小さな回転を徹底的に行う方法。20語×50日間=1000語
  2. 毎日200語ずつ数回アウトプットして、大きな回転を何日かに分けて行う方法。200語×5日×10回=1000語

どちらを選んだとしても、これを実行するのはかなりの意志力と根性が必要でしょう。しかし、どちらも最後まで成し遂げたとして考えてください。

①の勉強法が最もポピュラーな方法だと思います。このやり方こそ、まさに学校教育そのものと言っても過言ではありません。1000語覚えるなら、予定を立てて1日20語それをコツコツ覚えていきます。20語に分けると1000語も楽なように思えます。実際、20語しか覚えなくてもいいので1日1日に対してそれほどの苦労はしません。それもこの20語は1日でかなりの数を回転する事ができるでしょう。しかし、これでは問題があるのです。

・・・ここからは有料版の内容となります。

<もっと考察> 大量回転の勉強法はメジャーになっている!?

この記事の始めに紹介した「京大主席合格者が教える『やる気』と『集中力』が出る勉強法」には1ページめくるとすぐにこの大量回転の方法が書かれています。

勉強法には成績の上がる「やり方」がある!より抜粋

たとえば、英単語のテストがあるとします。あなたは十日後までに、百個の単語の意味を覚えなくてはいけません。あなたはこのとき、どちらの覚え方で単語を覚えますか?

  • ①一日十個ずつ、完ぺきに覚えていく
  • ②毎日百個を、大雑把に繰り返す

効率的に、良い点数をとれるのは②のやり方です。①のやり方では、一日十個ずつ完ぺきに覚えていっても、「復習」が足りないため数日後には忘れてしまう確立が高いでしょう。

しかし、毎日大雑把にでも百単語を繰り返していけばどうでしょうか。一つの単語につき、少なくとも十回は目を通しているはずです。記憶とは反復、「復習」の回数で強化されるため、②のほうが効率がいいんですね。

最近では②の覚え方がメジャーになってきているので、②を選択したほうが多かったかもしれません。・・・

メジャーになってきている?えっ・・・そうなのと思った瞬間でした。秀才たちの間では既に常識になりつつある方法なのかもしれません。この大量回転の勉強法をメインで取り上げている書籍も多く、それだけ効果の高い勉強法です。この記事では奥義とまで書いてあるのに、書籍の冒頭でサラッと紹介する程度。お恥ずかしい・・・。スタサプの関先生も【特別講座】としての枠で、大きくは取り上げていません。確かに、多くの書籍に同様の勉強法を目にします。しかし、あなたが知っているかどうかは関係なく、メジャーになってきているというのは今までの勉強法の常識を変えたということです。

常識を変えるほどの勉強法。簡単に流すことなく一度は真剣に取り入れてみてください。みなさんはこの勉強法を絶対に素通りしていかないでください。

ちなみに宇都出雅巳先生の「高速大量回転法」は大量回転こそ同じですが、暗記の最初の回転範囲が岳伸塾のものとは異なっています。実績も多く出している方法ですので、興味がある方は是非、一度、本を読んでみてください。

続きの記事または動画のフルバージョン視聴を希望する場合は有料となります。※岳伸塾の生徒は無料で視聴できますので追加の支払いは行わないでください。

東大理科1類を目指して奮闘中。動画学習の制作は時間がかかるため、電子書籍での出版を優先します。

月500円で有料会員登録(準備中)