田川の塾|岳伸塾で超高速英文法攻略|超効率的勉強法を追求する「1対2個別指導の岳伸塾」

岳伸塾で超高速英文法攻略

岳伸塾で超高速英文法攻略

超高速英文法の実績

まずは、岳伸塾の今までの実績を紹介したいと思います。

  • 小学4年生が半年程度の受講で英検3級合格、その後、塾をやめた後、中学1年で英検準2級合格。
  • 小学6年生が半年程度の受講で英検3級合格、その後、塾をやめた後、中学3年で英検準2級合格。
  • 中学1年生で入塾し、英語を最初から始め、中学2年生で英検3級と準2級合格。
  • 中学3年生の12月に入塾し、英文法を2週間でマスター
  • その他にも、中学期間中に英検準2級合格者、3級合格者多数。

センター試験の英語が免除になり満点扱いする特例措置

全ての子どもたちが真面目で勉強を長時間確保できるわけではありません。子どもが我慢できる限られた時間の中で、将来を見据え最も効果的な学習に集中すべきだと考えています。

特に小学生は集中できる勉強時間はかなり短い傾向にあります。中途半端にいろいろな教科をしてしまうと、何も身につかないということにもなりかねません。中途半端な理解や記憶の物は復習をしっかりしないと忘れてしまうのです。

家庭学習においても教科を増やせば増やすほど、何から手を付けて良いか分からず、なかなか学習に取り組めない場合もあるかもしれません。また、教科を絞らない場合、結果も出しにくいのです。

そこで、岳伸塾では「英文法」を中心とした学習に取り組んでいます。

文科省は、「英検準1級以上、TOEIC780点以上を取ることで、センター試験の英語が免除になり満点扱いとする特例措置」を検討していることが分かっています。また、高校入試でも英検の取得者を優遇する制度があります。

国の政策から考えても、高校入試や大学入試を少しでも有利にするためにも英語一択ではないかと考えています。

選択によって不要になる教科や分野

小学生ではどの模擬を受けるべきなのか、悩むところです。中学受験をする人、しない人、様々いますので模擬の内容もどれに合わせて良いのか分からないと思うのです。
中学受験をしない子にとってあまり意味のある模試ではありません。また、中高一貫の中学受験では「学力試験」ではなく「適性試験」ですので内容が全く違います。

だからこそ、岳伸塾は小学生用に作られた模試はしません。もっと先を見通しています。

大学入試では教科や分野の選択

中途半端に学んでいても、ほとんどの人達は選択で除外されてしまう。

限られた短い時間の中で「英語」に集中し、「小学生で中学英語、中学生で高校英語を終わらせる」ことを目指すべきです。

元のページに戻る