勉強を教えても伸びない|田川市の個別指導塾。超効率的勉強法を追求する岳伸塾

勉強を教えても伸びない

[2016年6月12日 12時17分]

夏休みが終わり、2学期が始まると早速、週3回2時間(数学2回英語1回)家庭教師を始めました。私自身10年以上ブランクがあったので、覚えているか不安でしたが、数学はもともと一番の得意科目でしたし、英語はプログラミングをしているおかげで、教えるのと平行して勉強すればそれほど問題はありませんでした。しかし、本人が「田川高校に行くのは無理」と自覚しているだけあって、一番得意な数学ですら微妙な感じ・・・。英語に関してはThis、Thatが分からないだけでなく「be動詞っち何?」と聞いてくる始末。「これ、絶対無理やね」と心の底で思いながらも、勉強を教えていました。
しばらくして、2学期の中間が始まりました。連立方程式の計算問題ばかりのテストで64点。英語は40点台・・・。さらに「これ確実に無理だな」との思いが一層増しましたが、それ以上に「これでは、教えている意味が無い。せっかく引き受けたからには、期待に応えたい」と思い、勉強法の本をアマゾンで探し、レビューのいいものを片っ端から読むことにしたのです。そして、「勉強そのものではなく勉強法」を学んだ事が功を奏しました。なんと次の期末テストで数学が98点(内容は図形)で学年トップに。「学校の先生が2度見したきね」と本人が言っていたと、いとこの姉ちゃんから聞いた
ときには、うれしさがこみ上げてきて、それを想像して一緒に笑いました。

それから、怒涛の快進撃が続きます。数学はほとんど90点台後半、英語も半年後には80点台後半まで伸びました。理科や社会、国語も良いときには、全て80点後半から90点後半へ。通知表も3と4ばかりからほとんど4と5になり、結果として田川高校を推薦で合格しました。

(ちなみにこの年から40人定員が減り倍率が高くなっています。)

3.なぜ勉強ではなく、勉強法を選んだのか

1.学習塾を始める事になったきっかけ