学校の先生は必ずしも味方ではない|田川市の個別指導塾。超効率的勉強法を追求する岳伸塾

学校の先生は必ずしも味方ではない

[2016年6月12日 12時26分]

勉強法を簡単には実行できない一つの例として、学校での実践があります。有名な予備校の先生が書いたある本に「学校の先生への対抗策を持っていなければならない」と言うものがあります。学校の勉強時間は塾とは比べ物にならないくらいあるのです。本当に頭のいい人は授業の受け方やノートの取り方が違いますし、非効率な勉強法を強制される場合は、友達とタッグを組み抵抗します。正直、学校での勉強法を変えることが最も効果があるのではないかと思います。

ただし、この方法は簡単にはいきません。学校の先生がそれを許さないからです。他の学生よりもずば抜けた成績をとるためには学校での授業の受け方を知るだけでなく、学校の先生に対抗する勇気と知恵が必要なのです。

7.少しだけ、秘密を教えます

5.学生は勉強法を探し求めている場合ではない