田川市の学習塾。超効率的勉強法を追求する岳伸塾

キーボードをWindows仕様に出来るだけ近づけてみた

今日の前進。一歩ずつ目標へ近づく。(塾の出来事、体験、ヒントなど)

Windowsを長年使って来たためMac標準のキーボードはちょっと使いづらい。プログラミングとの格闘を考えると少しでも無駄なストレスは感じたくない。コピーアンドペーストも前回、覚えたが、macのcommand+cやcommand+vはwindowsのctrlの位置と違うため非常に使いづらい。何度か間違えてoptionキーを押してしまった。う〜ん、やっぱりイライラする。もし、Macに慣れてしまったら、今度はWindowsに戻った時に間違いが起こるだろう。

ブラインドタッチなので、配置が全て。位置が違うのは致命的。そう考えた僕は、今までに使っていたロジクールのキーボードを利用することに決めた。これを何とかmacで問題なく動作するように設定するぞ!

 


最初はMacの設定で何とか出来るかもしれないと、環境設定を探して見たがそんなものは見当たらない。さすが、他社をmacから排除しようとするアップル社の考え方は健在だ。

そこでもちろんググってみた。

Karabiner-Elements(ダウンロードはこちらから)

これをmacにインストールをすると出来るらしいので早速インストール。

simple modificationタグを選んで、Add itemをクリック。

設定はこんな感じ!

これでほとんどWindowsと変わらず利用が出来そうだ。

追伸:半角/全角/漢字ボタンの設定がよくわからなかったのでググったら、grave_accent_and_tilde(`)で設定出来ることが判明。いつもの癖で半角に戻す時、このボタンを利用していたが「’」みたいなのが出てイライラしていたので、これで快適だ。

今日の授業を振り返って。もっと塾を良くしていくにはどう改善していくべきか。

田川一の学習塾(目標達成)になるためのまとめ