田川市の学習塾。超効率的勉強法を追求する岳伸塾

定期考査の結果よりインターリーブの重要性を再確認

今日の前進。一歩ずつ目標へ近づく。(塾の出来事、体験、ヒントなど)

英語の授業で何度も何度も反復して問題を解いていったが、いざテストになり、問題を解くとなると解けない。
どの文法を使うかの判断が出来ていない様子。「この分野、好きだったのに」「答えを見たらすぐに分かった」
などなど・・・。やはり、いろいろな問題を混ぜたもので、反復させる必要性がある。
一度はやったのだが、こちらをメインでするべきかもしれない。今は長文読解の学習をしているので、
それが終了し次第、再びインターリーブを中心に学習を進めていきたいと思う。

今日の授業を振り返って。もっと塾を良くしていくにはどう改善していくべきか。

田川一の学習塾(目標達成)になるためのまとめ