田川市の学習塾。超効率的勉強法を追求する岳伸塾

岳伸塾オリジナルアプリの第一歩。起動画面にロゴマークを表示させる。

今日の前進。一歩ずつ目標へ近づく。(塾の出来事、体験、ヒントなど)

とりあえずSwiftの本を2冊ほど斜め読みが終わり、少しだけ文法とビューの理解はできた。

本は全部で4冊。電子書籍を4冊。計8冊購入したので、電子書籍も軽く目を通した。完全な理解などしていたら、いつになってもアプリの開発に入れないので、何となく全体像を理解した時点でアプリを開発することに決めた。で、どのようなアプリにするのか、イメージしたのがこれ。

 

最初の起動画面にロゴの表示させて最初のページに移行する手順が最初の2冊には載っていなかったので早速、躓いた。

Googleで検索しても出てこないので、最初のシーンでロゴを表示させて、時間が経つとセグエで移動すればいいのか?など意味のわからないことをずっとやっていたのだが、電子書籍の1冊に「これから作るiPhoneアプリ開発入門」に書かれていた。

何やらLaunch Screen.storyboardの設定で出来るようなので、やってみた。結果、すごい簡単だった。

iPhoneアプリの開発はかなりの部分がはじめから提供されており、それを無理やり自分で作ろうとすると情報がなく難しい。しかし、その情報にたどり着けばかなり簡単に実装が出来るようだ。しかし、なかなか慣れず難しい・・・。これならコードだけの方が全体像を把握しやすい。下の画像なんか以前、やってたデータベースのMySql workbenchに見えて来た・・・。それから、開発方法が何となく、AdobeのFlashbuilderで作っていた時のActionScript3.0を使っている感じがする。どれも僕の苦手な言語。

今はこんな感じで、テーブルをビューに突っ込んだら、警告が4つ出て来た。

 

 

なにやら、テーブルはちょっとややこしく実装する場合はプロトコルを2つ追加し、それに合ったメソッドを書かなければならないらしい。時間がないので、今日はこの辺で。

まずはエラー内容を訳して、解決するか・・・。

今日の授業を振り返って。もっと塾を良くしていくにはどう改善していくべきか。

田川一の学習塾(目標達成)になるためのまとめ