田川市の学習塾。超効率的勉強法を追求する岳伸塾

暗記術の極意① 「超高速化」する

岳伸流暗記術で、最も大切なキーワードになるのが「高速回転」になります。

日本を代表する記憶のエキスパートである椋木修三先生の著書の中には「超高速勉強法」「図解 超高速勉強法―「速さ」は「努力」にまさる!」「マンガで身につく超高速勉強法」と題名がつけられた書籍がいくつもあります。

また、東京大学経済学部卒の宇都出雅巳先生は30年にわたり、記憶術と速読を実践研究し、脳科学や心理学、認知科学の知見も積極的に取り入れた独自の勉強法を確立。受験生・ビジネスマン向けの講座・個別指導を行うほか、企業研修や予備校講師の指導も行っています。先生の書籍には「1分スピード記憶勉強法」「英語は速く何度も繰り返せ!」などの書籍があります。また、宇都出雅巳 公式ホームページ「トレスペクト研究所」には先生の独自の学習法「高速大量回転法」が紹介されています。

私が強調したいキーワードを赤色にして目立たせていますが、共通するのはやはり「高速」と「回転」なのです。

記憶の強化のために「回転」が必要なのは誰もが経験していますので、特に取り上げる必要は無いでしょう。あえて取り上げるべきは「回転の高速化」だと考えています。

回転の速度を上げれば、復習の回数が単純に増えて記憶が強化されるというだけに留まりません。記憶の性質には「記憶した直後に急激な忘却が起こる」「時間経過によって忘却が進む」というものがあります。回転の速度が上がれば上がるほど、時間的制限の中で多くの情報をインプットできます。つまり、回転の範囲を広げることができます。また、回転の高速化によってアウトプットできる可能性が高くなります。一度、アウトプットしてしまえば、記憶の定着は飛躍的に上がるため、回転の速度が速ければ速いほど記憶が楽になるのです。

さらには集中して「高速回転」を行うと、「他の無関係の刺激が忘却を加速させる」を言う記憶の性質も回避することができます。「高速回転」に集中していると他の事を考える隙を与えません。常に最大限忘却を抑えながら、必要な情報のみのアウトプットが繰り返えされている状態と言うわけです。

回転の速度を上げるためには、しっかりと記憶の性質を理解し、「高速回転」が効率的な勉強法であると腑に落ちている状態になること。そして、何よりも「集中」しかありません。集中力ややる気を上げるテクニックは後述するとして、今は集中し「高速回転」を意識して、学習に励んでください。

暗記の時こそ集中し、超高速化をする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • 圧倒的学習スピード
  • 岳伸塾が国語をしない理由
  • 幼児教育で暗記術を
  • 岳伸塾は全ての教科を指導します