田川市の学習塾。超効率的勉強法を追求する岳伸塾

暗記術の極意② 「1の回転」はするな。忘却(負荷)が記憶を強くする

岳伸流暗記術の極意は暗記術を行う上で、重要なポイントとやってはならないことを伝授していきます。暗記術の基礎を押さえた上で、記憶への理解を深めてください。

ここでは「1の回転」について学びます。最低最悪の暗記法として常々意識して学習に臨んでください。

あなたは次の単語を覚えるときどうやって覚えていますか?

よく見かけるのが同じ単語を続けて書いていくというものです。この1つの情報を回転させて覚える方法を岳伸塾では「1の回転」と呼びます。当塾ではこれを最低最悪の覚え方として絶対禁止にしています。

回転の質を下げる一つの要因はアウトプットの「負荷」をかけないことです。そして、その負荷をほぼ0にしてしまう回転が「1の回転」なのです。よく考えてみてください。

1語目を書いた後、2語目は思い出して書いていますか?3語目は?4語目は?

思い出していないはずです。つまり、アウトプットを行っていないのです。全ての回転をインプットにしてしまっています。おそらく、何回書いてもアウトプットを行わないでしょう。

何かを覚えるときは、必ず範囲を作って回転させるようにしましょう。

このように範囲を作って回転させる事で、数個の情報が回転範囲に含まれます。「無関係の他の刺激が忘却を加速させる」という性質を使い、意図的に忘却を起こさせます。負荷があることによって、アウトプットを繰り返す事ができ、より効率的に暗記をおこなえるのです。

この方法はもう一つメリットがあります。「1の回転」であれば1つずつしか覚えることができませんが、範囲を作って回転させる事で、回転範囲を一気に覚えることができるのです。

イメージがわいたでしょうか?少し勉強法を変えるだけで、これほどまでに効率があがるのです。

この例は学校でよく出される「英マラ」を意識したものです。普段から暗記術を取り入れて学習していきましょう。次回は、この「英マラ」を行う上でのポイントがもう1つありますので、お楽しみに。

<もっと考察> 復習するたびに、「強度」を上げる

吉永賢一先生の書籍にこの記事に近い考え方があったので紹介します。

「東大流 頭が良くなる記憶法」(著:吉永 賢一) 復習するたびに「強度」を上げるより一部抜粋。

覚えたことを定着させるためには、かなりの頻度で復習を重ねていくことになります。ただし、一度インプットしたことなので、適切なタイミングで復習をしていけば、次第に思い出すのがラクになります。

しかし、じつはそれが問題でもあるのです。なぜなら、カンタンすぎると、強度が低くなりすぎて、伸びなくなってしまうからです。17ページの「向上の法則」でいうとゾーン①のところにとどまってしまいます。

そこで、復習の際には、思い出す強度を上げていきましょう。・・・・

まったく同じではありませんが、かなり考えは近いと思います。どうでしょうか・・・。

私にとって雲の上のような存在である吉永先生の書籍でこの記載を見つけた時は「この考えが間違っていないのだ」と確信が出来た瞬間でした。この書籍では様々な強度の上げ方も合わせて紹介されています。是非、読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • 圧倒的学習スピード
  • 岳伸塾が国語をしない理由
  • 幼児教育で暗記術を
  • 岳伸塾は全ての教科を指導します