田川市の学習塾。超効率的勉強法を追求する岳伸塾

記憶の性質⑤ インプットとアウトプットと負荷2

では前回の続きから。

無意識のインプットは、医療用の電気刺激の装置を利用して筋肉を強くするイメージです。自分の意志の力ではなく、外部から筋肉を刺激し、筋肉を強くしようとするものです。意識的に同じ箇所ばかり、電気刺激を与えていたら、筋肉は強くなるかもしれませんが、電気刺激の回数や時間はかなり必要な上、ムキムキのマッチョになることはないでしょう。これは学習には向きません。

インプットとアウトプットとの違いで重要な理解はここからです。なぜなら、勉強のために使うのは「意識的なインプット」と「アウトプット」にほぼ限られるからです。

バーベルを持ち上げるところを想像してください。ただし、自分ひとりでは到底持ち上げる事が出来ない重さです。脳が情報を忘却しようとする力はそれほどまでに強いと言う事です。

最初は必ず、インプットをしなければ、アウトプットをすることは絶対に出来ません。インプットとは手を真っ直ぐに伸ばし、バーベルに手をかける行為そのものなのです。これが学習のスタートです。

筋肉を鍛えるためには、バーベルを下げて、自分の筋肉を使って持ち上げる必要があります。バーベルを下げる行為は、「忘却」なのです。そこから、「意志の力(筋肉)」を使い、持ち上げる行為がアウトプットになります。当然、負荷が大きければ大きいほど、強い筋力を効率的に作る事ができます。

ここで注意点があります。

まず1つ目は、時間の経過や他の情報を与える事によって忘却を引き起こし負荷をかけることができますが、負荷をかけすぎると持ち上げられなくなってしまうと言う点です。特に最初のインプット時は、持ち上げるための筋肉が全く無いため、一瞬で大きく負荷がかかります。あなたが自分の筋肉で持ち上げるためには、大きな負荷がかかる前でなければならないのです。それは、数秒から数分後が限界だと私は考えています。

次に2つ目はインプットは強制的にバーベルに手を伸ばしたスタートの状態へ引き戻すという行為だと言う事です。これが最も理解が難しく、納得いかない部分かもしれません。しかし、ココなのです。ココを理解しないと非効率な事を繰り返す事になってしまいます。

よく考えてほしいのですが・・・

「アウトプット。つまり、あなたの脳に存在している情報を取り出そうとするとき、その情報を見ていたらあなたの脳から引き出す必要はあるでしょうか?

それは、脳から引き出された情報ではなく、目の前にある情報をインプットしているだけに過ぎないのです。つまり、インプットをしながら、アウトプットは出来ないと言う事です。「インプットはアウトプットを阻害する」ことを十分に理解してください。バーベルは上にあり、手が伸びきっているのです。どんなに意識してその情報を覚えようとしてもインプットをし続けている以上、あなたはアウトプットが出来ないのです。バーベルを下げましょう。「忘却」を利用し、負荷をかけて、意志の力を使って持ち上げるのです。

「覚えたい情報をいつまでも見続けていないでしょうか?口に出し続けていないでしょうか?」

そこに「忘却」をはさみましょう。頭の中から引き出している感覚を覚えましょう。

もちろん、異論はあると思います。

インプットだけでも回数を重ねれば、記憶できるではないかと・・・。非効率ですが、確かに覚えることはできます。回数次第では、その記憶はどこまでも強くなるでしょう。しかし、一度、覚えると意識した以上、アウトプットを完全に0にすることは出来ません。それも、インプットを何度も繰り返したものであればなおさらの事。無意識の内に思い出してしまったりするでしょう。どんなに下手な記憶法でも、インプットとアウトプットを使っているものです。問題はインプットとアウトプットの比率の問題なのです。

このことをしっかりと理解し、意識して学習に取り入れれば、インプットを出来るだけ減らし、アウトプットの回数を増やし続ける事ができます。また、アウトプットの際の負荷もまた調整がうまくなるでしょう。

少々、話が長くなってしまいましたが、私はココの理解が非常に大事だと思っています。この内容が腑に落ちれば、必ず今までアウトプットだと思っていたことが実はインプットだったと気付くでしょう。そこからがあなたが記憶に対する考え方が変わっていくのです。

この記憶の性質を理解できたら、いよいよ実際の勉強法、暗記術と記憶術に入っていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • 圧倒的学習スピード
  • 岳伸塾が国語をしない理由
  • 幼児教育で暗記術を
  • 岳伸塾は全ての教科を指導します