田川市の学習塾。超効率的勉強法を追求する岳伸塾

記憶術の極意⑥ 五感は記憶にイメージを与え、仮想現実を作り出す

五感は記憶術で使うものなのです。
五感は通常インプットの一種なのですが、記憶への関連付けをしイメージを作る事が出来るという大きなメリットを持っています。

五感を使い仮想現実を作り出すために想像し、鮮明にイメージ化することはすべてアウトプットになっています。自分自身があたかも体験しているかのように脳を騙すためには、実際に身に起こっていないことを想像しアウトプットしなければなりません。記憶力選手権のチャンピオン達が最も利用する高等技術です。

この記事では、ストーリー法とジャーニー法について記述していきたいと思っていますが、岳伸塾では利用しないため、勉強法をすべて記述した後、執筆いたします。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■しばらく準備中■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
まずは第一段階として、ストーリ法を紹介しましょう。

次に第二段階として、最高難度で最強の記憶術、ジャーニー法。
まずは、回転させるコースを作らなければなりません。これは記憶が深く思い入れのある場所を選びましょう。架空のものではどうしてもリンクが弱くなってしまいます。コースは必ず、同じ順番にめぐっていきます。これは「連続性」の利用です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • 圧倒的学習スピード
  • 岳伸塾が国語をしない理由
  • 幼児教育で暗記術を
  • 岳伸塾は全ての教科を指導します