田川市の学習塾。超効率的勉強法を追求する岳伸塾

感情(喜・怒・哀・楽)は最上位の関連付け

感情を記憶に結びつける事は、自分自身でコントロールすることは出来ません。ましてや、一人で勉強をしていて、「悔しい」とか「うれしい」、「悲しい」、「楽しい」、「恥ずかしい」などと言った感情は湧かないものです。一生忘れないような経験には必ず、強い感情が伴っています。これらの感情を引き起こすには、人と人とが関わらなければいけません。一人になる時間が多いほど、無感情な勉強へと進んでいきます。

感情は自分自身で完全にコントロール出来ない以上、メインの記憶術として学習に感情を利用するのははっきり言って難しいと言わざるを得ません。ですが、競い合ったり、学び合いを通していろいろな感情を感じながら、学習をすればその機会は圧倒的に増えます。「好きな子に勉強を教えたり、教えてもらったり」「勉強を教えている時に間違えて大恥をかいたり、それを見ていたり」「ライバルに勝ったり、負けたり」これらの経験が様々な感情を生み、記憶と強く結びつくのです。

また、仲間同士の切磋琢磨や助け合いを学習に取り入れることは健やかな人間の成長で欠かす事が出来ないものだと私は考えています。

  • 圧倒的学習スピード
  • 岳伸塾が国語をしない理由
  • 幼児教育で暗記術を
  • 岳伸塾は全ての教科を指導します