田川市の学習塾。超効率的勉強法を追求する岳伸塾

【番外編】答えを覚えてしまうことについて

高速回転で何度も何度も反復をしていると、

先生、答えを覚えてしまって勉強になりません!

と言う生徒がいます。この言葉は非常に大切で、勉強が出来ない子がいう典型的な言葉です。

あなたは答えを覚えたら、非効率だと思いますか?それとも効率的だと思いますか?

答えは、「勉強法による」のです。

勉強が出来ない子はなぜこの答えになるのかいまいち分からなくても、答えだけをアウトプットして満足します。当然、速度は上がっていきますので、早く解けている気になり、勉強が出来ているかのような錯覚すら感じることもあります。そこが厄介なのですが、実際は理解が深まっていかず、単なる暗記術になり、完全な意味記憶となりません。これでは、長期記憶としては非常に弱いものになります。

さらには「答えを覚えてしまって、勉強が出来ない」と思っているから、新しい教材に手を伸ばすようになります。
すると、まだ完璧に理解していないにも関わらずその教材を辞めてしまい、新しい教材は答えが分からないので、解いて答え合わせをする必要性が出てきます。同じポイントなのにも関わらず文章や画像も新しいものなので理解するのに時間がかかり、回転の速度も一気に下がるのです。また、当然ですが、重要な部分は必ず重複していますのでかなり効率が落ちてしまいます。そして、そういう子は、また、その教材も中途半端で、次の教材を手にしてしまいます。この悪循環から抜けることが出来ないのです。

それに比べて、ある勉強法を取り入れている子は答えを覚えるとさらに回転を高速化できるようになります。そして、深く理解までしていくのです。

ある勉強法とは「セルフレクチャー」と言う方法です。

セルフレクチャーとは自分自身に解説をすると言う事です。よく考えたら分かると思うのですが、
答えを覚えてしまったら、答えが合っていると自信をもって回転をすることができます。(答えを覚えているので)いちいち答え合わせをしたり解説を読む必要もありません。そして、回転の中でしっかりとなぜ問題の答えがこうなるのかと言う事を自己解説してきます。さらに、何度も回転をさせていくことで「倍速の教材」へと移行していくので良いことだらけなのです。

しかし、ここで本当に重要なのは、「回転の度にセルフレクチャーをしているのか」と言う問題です。

それは「No」です。セルフレクチャーが必要なのは、しっかりと腑に落ちて理解するまでの間で構いません。毎回やっていれば、それこそ高速回転の足かせになりかねません。勉強が出来る子たちは、臨機応変に自然とセルフレクチャーを行っています。「なぜ、この答えになるのか」と言う事に疑問を持ち、好奇心をもって探求するのです。そして、「分かった」という瞬間を感じ取っているのです。全ての答えに対して自分に納得できる理由をしっかり持つことこそが非常に大切なのです。しかし、この重要性を知っている人はそれを意識的に行い、習慣化させる状態までになっています。

このセルフレクチャーができる子とできない子の差は学習スピード、理解力ともに次元が違う圧倒的なものになります

しかし、本当に自分自身に解説をしているのか?うまく解説ができているのか?それは指導者には分かりません。
だからこそ、生徒自信が勉強法を学んでしっかり実践しているか。真面目に素直に取り組んでいるか。それが非常に大切なのです。
また、時にはアクティブラーニングを行い、友だちや一緒に学ぶ仲間に教えることで、分かりやすく教えることが出来ているかを確認することも非常に意義のあることです。

これは番外編としましたが、「答えを覚えてしまって、勉強になりません」と言う悩みを解消すべく、取り上げました。
しかし、答えを覚えたほうがむしろ、効率的なのだと言う事をしっかりと理解してもらいたいと思います。
ここで紹介した、「セルフレクチャー」と「倍速の教材を作れ」の勉強法は改めて、記事にしていきます。
とても重要な考え方になるのでしっかりと身につけてもらいたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • 圧倒的学習スピード
  • 岳伸塾が国語をしない理由
  • 幼児教育で暗記術を
  • 岳伸塾は全ての教科を指導します